講演会のお知らせ 10月21日(日)

本プロジェクトでは、2012年7月、学校法人写真学園 東京綜合写真専門学校および野毛Hana*Hanaへ活動場所を移転したことを契機に、8月より、岩手県の被災資料に関わる方々を招聘して月例講演会を行います。

「ふるさとの宝は失われていない~文化財レスキューと被災を伝える展示」
遠野文化研究センター 調査研究課 主査兼学芸員 前川さおり 氏

■日時:10月21日(日) 16:00-17:30
■場所: 野毛 Hana*Hana(2階 スペースA)
神奈川県横浜市中区花咲町1-42-1 地図
■定員:50名 (予約不要・入場無料)

■講師プロフィール:
 昭和45年(1970)山形県山形市生まれ。山形大学文学部日本史専攻卒。平成4年(1992)遠野市立博物館に学芸員として採用。専門は民俗学。「オシラ神の発見」、「ザシキワラシ」などの特別展を企画・展示し、城下町資料館、蔵の道ギャラリー建設や遠野市立博物館展示リニューアルに携わる。博物館資料を活用し、学校教育との連携や福祉と連携した認知症予防事業「回想法」を行う。
 東日本大震災以後は、三陸沿岸の博物館と連携し、文化財レスキュー活動を行い、被災の現状を伝える展覧会を遠野市や東京で開催。平成24年(2012)4月より現職。10月からは防災意識の高い静岡県、愛知県、兵庫県での「震災からよみがえった東北の文化財展」巡回展を開催予定。

本活動にご賛同いただける方のご寄付を募っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

講演会のおしらせ[PDF:134KB]

講演会のお知らせ 9月2日(日)

本プロジェクトでは、2012年7月、学校法人写真学園 東京綜合写真専門学校および野毛Hana*Hanaへ活動場所を移転したことを契機に、8月より、岩手県の被災資料に関わる方々を招聘して月例講演会を行います。

「~ひとつでも多くの歴史資料をつなぐために~ 
 山形文化遺産防災ネットワークの540日」

小林貴宏 氏(山形文化遺産防災ネットワーク事務局)

■日時:9月2日(日) 16:00-18:00
■場所: 野毛 Hana*Hana(2階 スペースA)
神奈川県横浜市中区花咲町1-42-1 地図
■定員:50名 (予約不要・入場無料)

■講師プロフィール:
1972年東京都台東区下谷生まれ。福島大学行政社会学部(史学専攻)卒業。現在、高畠町役場職員。東北中世史が研究テーマ(現在休止中)。この間私的に、複数の災害支援、環境、福祉などのNPOや市民団体の設立・運営に関わるとともに、郷土史サークルなどを運営。2005年以降山形文化遺産防災ネットワーク設立に関わり、現在事務局。「『ふつうの人』が片手間でやる被災資料救済活動」を目標に活動中。

本活動にご賛同いただける方のご寄付を募っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
講演会のおしらせ[PDF:134KB]

講演会のお知らせ 8月19日(日)

本プロジェクトでは、2012年7月、学校法人写真学園 東京綜合写真専門学校および野毛Hana*Hanaへ活動場所を移転したことを契機に、8月より、岩手県の被災資料に関わる方々を招聘して月例講演会を行います。

「岩手県の被災自然史標本のレスキュー」
岩手県立博物館・専門学芸員 鈴木まほろ 氏

■日時:8月19日(日) 16:00-18:00
■場所: 野毛 Hana*Hana(2階 スペースA)
     神奈川県横浜市中区花咲町1-42-1 地図
■定員:50名 (予約不要・入場無料)

■講師プロフィール:
1973年生まれ、東京都出身。理学博士。専門は生態学、特に動物と植物の相互作用。
2002年より岩手県立博物館に勤務し、生物部門の学芸員として植物分野を担当。植物
の繁殖生態の研究のほか、県内の植物相について網羅的調査を進めている。標本収集
の意義と活用方法の普及にも関心をもつ。文化財レスキューにおいては生物標本(主
として植物と貝類)を担当。

本活動にご賛同いただける方のご寄付を募っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
講演会のおしらせ[PDF:134KB]